@犬まみれ犬ごはん

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
15
 

ひばり

よくこんな話を耳にすることがある。

「手作り食にしたら血液検査でひっかかった」
「手作り食にしたら尿検査でひっかかった」

果たして本当に手作り食が原因なんだろうか!?
私は獣医士ではないので、きっと違うんじゃなぁ~い?とここでぼやくくらいしかできないけどね((((笑


上の写真のきゃわゆいワンちゃんは誰かというと、知る人ぞ知る我が“ペットシッターハウスわん”の代表宅のひばり姐である。
弟分にはコッカプーのサブローがいる。
紅白のトリをまかせられそうなコンビである。
そんなことはどうでもいいのだが・・・

で、なぜここにひばりちゃんの写真をUPしたかというと・・・
実はココだけの話、うちの代表は私に輪をかけて、面倒臭がりやなのだ!(←訳のわからぬ暴露話...笑)
今まではワンズのごはんはドライフードだった。
ドライフードと言っても、お湯をかければふやけるようなタイプではなく、溶けるタイプ。
ハーブを使って健康を考えたお値段もそれなりのフード。
昨年の春、まだまだ慣れていなかった私の入門講座も受けて下さり、トッピングをはじめたことは知っていた。
(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン…いい感じ、いい感じ♪
なんて思っていたら、今日お散歩をご一緒した時に、とっても嬉しいニュースが!!

ひばりちゃん、こう見えても今年で10才になるおばあちゃん♪
なんとも童顔なおばあちゃんである。
私もこんなかわいいおばあちゃんになりたいものだ。
あっ、また話がそれている…``r(^^;)


今まで毎年行っている血液検査では、必ず何かしらの数値がひっかかっていたらしい。
それが、今年は何もひっかからなかったとのこと。
へぇ~良かったね!って話なんだけど、その後にボソッっと・・・

「これで手作り食にしても問題ないことが実証されたわ♪」

えぇぇ~っ?
超面倒くさがりやの代表が手作り食~??
そう、最近は手作り食をあげているそうな。
私の仕事量に比べると、何倍も忙しい人だから、もちろんそんなときはフードも使うようだけど、基本的には手作り食らしい。
今までなぜかひっかかっていた血液検査の数値が全て正常になったということが、手作り食と直接的に関係があるかどうかは私にはわからないけれど、手作り食にして血液検査の数値がおかしくなることはなかったのだ。

嬉しいねぇ~こういう報告。

「まっ黄色だったおしっこが透明になった」
「まっ黒だった耳がきれいになった」
「体臭がなくなった」

等々、いろんな報告を受けるたびに、これでまた1匹のわんこの人生を伸ばすお手伝いをしてあげられた!と、大げさにも思っていた。
でも、1番身近な人に自分が自信をもってやっていることを実践してくれて、その上で認めてくれるというのは、本当に嬉しい。

これからも、こんな嬉しい報告を受けられえるように、1人でも多くの方に色んなことを伝えられたらいいな♪



ブログランキングに参加しています♪
いつも応援ありがとうございます(^^)  ⇒ にほんブログ村

超面倒くさがりやの人にも作れるごはんの参考にどうぞっ♪ ↓
                                 にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ


 

 

スポンサーサイト
 
18
 

昨日はダラダラと長い文章を書いてUPしたにもかかわらず、消えてしまった日記を再度書くパワーもなくなってしまったので、内容は同じだけど今日はシンプルにいきます(((笑

 

あなたは、愛犬が食べているおやつの中身を知っていますか?
(内容としては、コレです…笑)


私は手作り食にしてから、所謂“犬用”として売られているおやつはあげなくなってしまったんだけど、我が家のお泊りに来てくれるワンコ達が持参してくるおやつを見ると、いろ~んなおやつがあって見ているだけで面白い。
どれもとってもいい匂いがして、ワンコ達が喜んで食べるのもよくわかる。

がっ、ちょっと待った!!

あなたはおやつの中身を知っていますか?
(と、ここでこの台詞が出てくる…笑)


これは、ササミのジャーキー!
これは、牛皮で出来たガム!
これは、カボチャが入ったクッキー!
コレは、犬用の煮干!
   ・
   ・
   ・
じゃぁ、、、

賞味期限が1ヶ月以上なのはなぜ?
その匂いって本当は何?
それに使ったお肉の品質は?
なぜそんなにツヤツヤしてるの?
   ・
   ・
   ・
等々、考えたことってありますか?


私は自分が食べる物は、気にもしないタイプなんだけど、ワンズのこととなるとどうも気になっちゃうんだよねぇ。。。
市販のおやつをあげてはいけない!ということではなくて、ワンコ達は飼い主さんが選んだ物しか食べることが出来ないわけだし、飼い主として自分がどんな物をあげているかだけでも把握しておいてもいいんじゃないか…って思ったりするのだ。


そんなお話を「愛犬といっしょに フードセラピー&ハーバルセラピー♪」のMisaさんが、一昨日の日記にUPしてくれている。

自分で調べるのは大変なことだし、面倒臭がり屋の私にはなかなか出来ないことなだけに、この日記を見たときは、とてもありがたいと思った。
なんとなくは知っていたつもりでいたけれど、あらためて見てみるとまた1つ勉強になった気がした。


もし、自分があげているおやつの中身がちょっとでも気になった方は、ぜひ読んでみて欲しいな♪

こちらからどうぞ♪  ⇒ 『知っておこうペットのおやつの中身』 



ブログランキングに参加しています♪
いつもWANクリックありがとうございます(^^)

 

『知っておこうペットのおやつの中身』をクリックして見てくれた方は、ついでにこちらもポチッとな♪

にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ
にほんブログ村
 
09
 

最近ずっと犬ごはんのUPばかりだったので、今日はいざという時のためのお話を書こうかと。。。

昨日は、「サイモントン療法forペット」というセミナーに参加してきた。
朝10時~夕方5時まで、お昼ごはんは食べながら…という状態で、たくさんのお話を聞いてきた。

その上で、私なりに感じたこと、思ったことを・・・。



まず・・・


後悔をしない。」


たとえば、愛犬が癌に侵されたとして・・・

選択肢がいくつかあるはずなのに、冷静にその選択肢を判断できなくなってしまったら・・・。

「あのとき、こういう選択肢をとってあげていたら、こんなことにはならなかったのに…」

もし、そんなことがあったら、「その時の自分に出来る最大限のことをした」と思うようにしょう!

後悔しちゃダメだね。

でも、後悔しないようにするために、元気なうちに色々考えたり知っておくのも必要なのかな…と思う。



殆どの場合、病気になってから慌てて調べたり、治療したり、行動に出ることが多い。

でも、同じことをするにも、元気なうちにするのと、病気になってからするのとでは、何もかも変わってきてしまう。

腫瘍って一体何なのか!?
どうやって大きくなっていくのか!?
大きくなるのにどれくらいの時間を要するのか!?

癌って一体何?
癌の治療方法って?
3大療法のメリット・デメリットは?


上にあげたのはほんの1例だけど、そんなことを今のうちに勉強しておくと、かかりつけの病院で「これは腫瘍ですね」「癌です。余命3ヶ月です。」と言われても、慌てずにその先の選択をしてあげることが出来るんじゃないかと思う。


私が何で手作り食を食べさせているか!?
なんで、静電気には気をつけて!なんていう日記を書いたか!?

それも、そんなことに繋がっていたりなんかする。
それに気付いてくれる人って、結構少ないんじゃないかと思うけど。

でも、みんなに押し付けることではないし、気がついた人だけが実行すればいいこと。
勘違いしないで欲しいのは、「手作り食にすれば癌にならない」とか「病気が治る」とか、そういう話ではない。


皮膚のカイカイが治ればいい…とか、下痢が止まればいい…とか、癌腫瘍を取り除けばいい…とか、目に見える症状を消すことだけを考えるのではなく、なんで痒いのか!?なんで下痢になったのか!?なんでそこに腫瘍が出来たのか!?がわかれば、しょっちゅう痒くなってしまうこともなくなるし、しょっちゅう下痢になってしまうことも、そこに腫瘍が出来る必要もないのだ。

元気なうちにしておくべきこと、そして原因追求っていうのはすごく大切なんだと改めて思った。

(ここで1つ問題なのが、普通の動物病院ではなかなかその原因追求が出来ないをしてくれないことが多い。これってすごく大きな問題っ!!)






そして・・・


仕事がら、お客ワン・ニャンの悲しいお知らせをいただくことある。
ついこの間、うちで過ごしていたワンコが、今はもういない…って全然実感がわかなかったりする。
かけてあげるいい言葉もみつからない。
「そんなに愛されていた××ちゃんは、最後まで幸せだったでしょうね」
などという言葉しかかけられなかったりする。


じゃぁ、自分がその立場になったらどうなるか!?
自分に突然の何かが起こらない限り、愛犬達が先に旅立っていくんだということは頭の中ではわかっている
でも、いざそうなったときに私だったらどうするか!?
今、この子たちがいなくなることなんて、全く想像がつかない。

まだ実家にいる頃、外犬だった愛犬が旅立ったときは、何ヶ月も思い出しては涙が止まらなかった。
仕事をしていても、電車に乗っていても、デートしていても、ふと思い出しては涙がポロポロ。。。


「何ヶ月も泣いてくれてありがとう♪」
なんて、愛犬達は思うわけがないよね。

「かわいかったなぁ~♪「楽しかったなぁ~♪」と、共有した時間を思い出しながら、「本当にありがとね♪」って心から感謝していたいと思う。



そんなふうに思えるように、全てにおいて言葉を変えていく必要がある

「まだ、10歳にもなってないのに、旅立つなんて・・・。」
ではなく、
「9年間も一緒にいてくれて嬉しかったよ!ありがとう♪」
って。

「癌になっちゃったからもう死んじゃう~!」
ではなく、
「癌になったって、治る可能性はある!」
って。

紙に書いて毎日口に出して言ったりすることは、とても大切なんだそうだ。



臨床体験をしたことがある人は、向こうの世界を「と~ってもいいところ」と言うそうだ。

そんな“いいところ”に行けたんだね…

「待っててね!ママもそのうちいくからね!その時までに新しいお散歩コースの下見、頼むね♪」

っていえるような自分になりたいと思った。






そんなふうに言えるように・・・

そんなふうに思えるように・・・

今から色んなことに対しての心のあり方を変えよう!と心から思ったセミナーだったのでした。




・・・と、無理やりまとめたけれど、文章がまとまってなくて、何が言いたいのか伝わってなかったらごめんなさいm(__)m


**************************************************************************************

 

ブログランキングに参加しています♪

いつもポチッとありがとうございます!

少しでも私の気持ちが」伝わってくれた方はWANクリックお願いしま~す♪

にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ
にほんブログ村


 
11
 
またまたペットたちの「健康」のお話。

なぜ、私が手作り食にしているのか!?
一言で言えば、いつまでも健康で長生きして欲しいから。
それと・・・
私が作りたいから…かな♪

前にも書いたかもしれないけれど、病気になってからでは遅い。
病気になってしまう前の“予防”のためにも、なるべく悪いものを体の中に入れず、少しずつたまってしまっていた体の中の悪いものを外に出してしまいたいよね。

でも、これって1度でも愛犬が病気で旅立ってしまった経験のあるオーナーさんたちには理解してもらえるんだけど、まだ若かったり元気だったりするワンコのオーナーさんにはピンとこない人も多いみたい。

元気だから大丈夫!
なのではなく、
元気だからこそ、今から予防を!
って感じなんだけど…``r(^^;)

愛犬が元気だと、予防をすることや体全体の健康より、見た目だけを気にしてしまうオーナーさんが多い気がする。
ん!私も昔はそうだった((((苦笑
とにかく、毛艶のよくなるフードを探していた記憶が・・・・。

健康になれば、自然と毛艶もよくなるはずなんだけどね。
そんな単純なことに、全然気付かなかった。。。

自分達が出来ることは、食事の管理だけではないけれど、「食」に関して言うならば、何が1番大切かを考えてみるといいと思うな。
何を食べさせるのか!?ではなく、食べさせ方だけで全然違ってくるわけだし。

ん~~~
難しいなぁ・・・
無理強いするようなことではないから、それぞれの考え方でもちろんOKなんだけど、愛犬を思う気持ちは同じなのに…ってむず痒い気持ちになることが多々ある。

早く気付いてくれるといいなぁ~
愛犬たちのために。。。
 
10
 
「手作り食だと必要な栄養素がちゃんととれているか心配。。。」

と思う人もいるかもしれないけれど、健康な子の場合はそんなに心配することはないと思う。
それでも、やっぱり心配…っていう人は必ずいるはず。
人間だって、サプリを山ほど飲んでいる人っているもんね。

でも、サプリメントってあげればいいってわけじゃないって知ってた?
あげるなら、ちゃんとその子の体に合ったものをあげないといけない。
健康のためと思ってあげていたはずが、実はワンコの体にとっても負担になってしまっている…ってこともあったりする。
へたしたら、大変なことになってしまったりもする。
だから、むやみにあげない方がいいし、あげるならちゃんとその子の体に合ったものを選んであげてね♪

今はネットで検索すると、すごい数のサプリメントがでてくる。
同じ効果のあるものでも、値段もピンからキリまで!
その中から、本当にいい物を選び出すのは至難の業だよなぁ~
オーナーさんが選んだ物しか愛犬たちは口にすることはできないわけだから、選ぶ方も大変なはず。
なぜ、ピンからキリまであるか…は、入門講座を受けて下さった方ならおわかりかと思うのだけど、どうせあげるなら、安心してあげられて、効果の期待できるものをあげたいよね。



ちなみに、私が我が愛犬達にあげているのは・・・

基本的には“マジカルパウダー”のみ。

季節の果物の種の中身の粉や、消化酵素、水溶性カルシウムが原料なんだけど、これさえ飲んでいれば色んな意味で安心!みたいなところがあったりする(((((謎笑

あとは、ミツバチ花粉だったり、フィッシュオイルEX等々、その時の愛犬たちの体調に合わせて追加!

ここだけの話、マジカルパウダーに関しては、自分の調子が悪くなりそうな時に飲んじゃってます``r(^^;)
一応、ペット用.....(((((笑


全て須崎動物病院のものなのだけど、痒みがひどくなったときなんかは、病院でお薬をもらう前にレスキュークリームやかゆみ対策用外用液で対処しちゃう♪
痒いままでは可哀想だけど、薬漬けになるのもイヤ!
そんな時には大活躍♪


そんな私&愛犬たちが安心して使えるお助けサプリの紹介欄を右サイドバーに作ったので、興味のある方はぜひご覧下さいまし♪
 
06
 

昨日の日記に「抗酸化作用のある食材は積極的に取り入れたい」と書かせていただいたのだけど、今日はなぜ積極的に取り入れたいかのお話です。

 

まず、その前に活性酸素について簡単に説明しておきます。

体の中で、食べ物をエネルギー源に変えるときには酸素が必要になり、その時に一部活性酸素というものが発生します。
活性酸素がたくさん発生してしまうと、体の中の酵素や細胞膜が錆付いてしまうんです
酸化してしまうわけですねぇ。。。
なので、活性酸素が多くなってしまうと、老化が進んでしまったり、生活習慣病を引き起こしてしまうことになります。

だからと言って、活性酸素が「悪い奴」なのかというと、そればかりではありません。
過剰に発生さえしなければ、体の中に入り込んできたウイルスや細菌をやっつけてくれる「いい奴」でもあるんです

では、その活性酸素を発生し過ぎないようにするには、どうしたら良いかというと・・・

タバコ紫外線ストレス、アルコールの飲みすぎ、食べすぎ加工食品の摂りすぎ激しい運動環境汚染等々、活性酸素が発生しやすくなるような物を避ける必要があります。

私は自分の生活を見直してみると、避けなきゃいけないようなことばかりをしているような!?((((((謎

 

ここで、抗酸化作用のお話に戻りますが・・・

その活性酸素を抑えることを抗酸化作用といいます。

本来は、人間もペット達も体の中に抗酸化作用の働きをもっているのですが、年をとっていくうちにだんだん減ってきてしまうんです。
それを食材で補っていきましょう♪
・・・ということなんです。

抗酸化作用があるのは、βカロテンビタミンCビタミンEポリフェノールセサミノール等々があげられていますが、その中でも特にビタミンEの抗酸化作用は強いようです。

 

では、どんな食材を食べればいいの?

よく知られているのは、ニンジン、ほうれん草、ブロッコリー、大豆や生姜やゴマ、いわしなんかもいいですよね!
実は、抗酸化作用のある食材というのは、結構いっぱいあるんです。
フルーツやナッツ類、魚介類やお茶(カテキン)なんかにも含まれているので、1度ご自身で調べてみると面白いかもしれませんね。

 

私達もわんこ達も、毎日食べるごはんにちょっと気をつけてあげるだけで、防げる病気があったり、補える作用があったりするんです。
と言っても、毎日「抗酸化作用のある食材ってなんだっけ!?」なんて考える必要はないような気がします。
上記に記載した食材を見ていただいてもわかる通り、毎日色んな食材を使ってごはんを作っていれば、自然と抗酸化作用のある食材も摂れるような気もしますが…。

勘違いしてはいけないのは、ごはんはお薬ではないということ。
何か病気になってから、「コレを食べれば治る!」というものではなくて、毎日毎日色んな食材を食べ続けていくことで、ボディーブローのように効いて行く…予防できていく…ということなんです。

 

病気になってしまう前に、元気な今だからこそ、予防をしていきたいものですね♪

 
27
 

先ほど、歯のお話が消えてしまったので、違うお話を♪ (((笑

 

ここ1~2週間で一気に寒くなってしまって、お散歩に出る足も重~くなってしまったけれど、、、
ん??
はいはい....寒くなくてもこの足いつも重いです``r(^^;)ポリポリ
じゃなくって、寒くなってくるともちろん自分達も上着を羽織ったり、部屋でも暖房器具を使ったり、愛犬達のハウスの中に何か強いてあげたり、洋服を着せたりするけれど、
寒さ対策で、フリース素材のひざ掛けや洋服、使ってませんか?

コレ、結構落とし穴だったりするってことを知ってる人、少ないような気がするので、書いちゃいます。

 

フリース素材の物を着ていたり使っていたりすると、静電気が起きることが多いですよね?
静電気が起きると、実際体にどんな影響が起きるのか!?
コレが結構問題になるわけです。

静電気が体に溜まって、静電気帯電の状態が続くと、パチッと痛いだけではなく、ビタミンCやカルシウムが流出してしまったり、免疫力が低下してしまったり、体力が落ちてしまったりと、色々なことが起こってくるんですって。
ストレスが溜まりやすくなったり、胃腸がおかしくなったり・・・。
ただでさえ、色んなウイルスや菌が飛び交っているこの時期に、体力や抵抗力が落ちてしまうと、色んな病気の引き金にもなりやすいわけです

そして、体に静電気が溜まっているということは、空気中のほこりも吸い寄せてしまうことになるんです
家の中のほこりの中にどんな物が含まれているかはご存知の方も多いと思いますが、ダニの死骸や糞、カビ、花粉等々、いろんな物がありますよね。
特にアレルギー症状のある方やワンコ達には、絶対にNGです!

これって、人間にもワンズにもいえること。
これからの季節、部屋で暖房器具を使う日がどんどん増えてきます。
ってことは、部屋が乾燥してしまう状態も増えてきてしまいます。
湿度が低くなって空気が乾燥すると、静電気は起きやすくなってきます
そんな時に、フリースの毛布をかけたり、フリースの洋服を着たり、ホットカーペットや電気毛布を使うとどうなるか!?
体にどんどん静電気が溜まっていってしまい、上記のようなことが起こってしまう可能性が出てきます。
完全なる健康優良児の場合は、それくらいへっちゃら~って場合もあるかもしれませんが、少しでも弱いところがあったりする場合は尚更ですよね。

もしかしたら、もっともっと怖いことも起こってくるかもしれません

でも、寒いときは部屋を暖かくしたいし、暖かい洋服も着たい!!
とりあえず、お部屋の湿度を上げてみるといいかもしれませんね
今は、お手頃価格の簡単な加湿器も沢山出ているし。
もちろん、湿度を上げすぎてしまうと、それはそれで不快な状態にもなってしまうので、一般的には室内湿度50%~60%くらいがベストのようです。

そして、愛犬達にもなるべく化学繊維の含まれない洋服を着せてあげましょう♪

最近昔ながらの湯たんぽが今っぽくかわいくなって、店頭に並んでいますよね。
そういう物を上手に使うのも1つだと思います。
我が家の愛犬達は、ぬいぐるみ系は大好きで、カミカミしちゃうと思うので、かわいい湯たんぽカバーは使えないかもしれないけれど、今度買ってみようと思ってます。

 

最近、お散歩でもフリース素材の洋服を着ている飼い主さん&ワンコをよく見かけるます。
愛犬に触るたびに「パチッ」となると同時に、いろんなことが起こっているんだということを覚えておきて欲しいな~と思いました。

 
18
 

バタバタと過ごしている間に、もう7月も半分以上が過ぎ、気が付けば明日から夏休み…だ( ゚o゚)
なぜか夏休み前から今年はとても忙しく、犬ごはんの写真を撮る暇なし!
というより、写真に撮るようなごはんを作ることも殆どなく、名のないおじやや名のない混ぜごはんばかり((((笑
たとえ、名前がつけられるような犬ごはんを作ったところで、お預かりワンたちがたくさんいる時は、写真などのんびり撮っていると大変なことになってしまうのだ。
なんせ、私の行動には非常に敏感に反応してくれるお預かりワンたち。
「ごはんだ!ごはんだー!!」
と、みんな騒ぎ出してしまうため、のんびりごはんの用意をしているわけにはいかない。
なので、当分犬ごはんの写真はないかも…``r(^^;)ポリポリ

今日は、月に1度は我が家でお預かりしているラブラドールのお話を。
短いときは1泊2日、長い時は2週間近く一緒に生活しているのだけど、先日そのラブラドールの飼い主さんからこんなことを聞かれた。

「犬が飲むお水は、普通のお水ですか?」

我が家では、お預かりワンたちが飲みたいときにいつでもお水が飲めるように、常時2箇所にお水が置いてある。
そのお水は、普通の水道水。
私がお水の近くを通るたびに、新しい水道水に変えるくらいで、特別な水でも何でもないただの水。

なぜ、そんな事を聞かれたかと言うと、自分の家で生活している時は、1週間ごとにシャンプーしないといられないくらい臭くなってしまうらしい。
なのに、我が家でお預かりしている間は、1週間お預かりした時でも、2週間お預かりした時でも、臭い匂いがしないと言う。

犬の体臭は、個体差もある。
飼い主さんから離れて緊張してしまっていたり、楽しくてはしゃぎすぎてしまったりのあらゆるストレスから獣臭のような匂いが出てしまう子も少なくない。
でも、普段は臭くなってしまうのに、我が家にいると臭くならないというのには、私もちょっと驚いてしまった。
ん~~~なんでだろ!?

散々考えた結果、これしかない!と思ったことがあった。
「水分量」だ。
そのラブラドールは、ドライフードを食べている子なので、お預かり中は意識して水分をとってもらうようにしている。
特に、以前我が家の大型犬が胃捻転を経験していることもあって、ドカ食いしてしまうドライフードの大型犬に対しては、なるべくふやかしたり、ひたひたのお水又はお湯を入れてあげることが多いのだ。
ドライフードをガーーッと食べたあとに、ジャブジャブジャブっと今度は一気にお水を飲む子も結構いるのだけど、そのジャブジャブで体に必要な水分が十分にとれているとは思えないし。

自分の家ではお留守番の時間が長いラブラドールちゃんなので、きっと寝ていることも多く、自らお水を飲むことも少ないような気がする。
でも、我が家にいる時は、常に人間も犬もいる状態なので、動き回ることも多いし、その分ごはんの時以外にお水を飲む量も自然と増えているのかもしれない。

水分をいっぱいとるとどうなるのか!?
犬から出てくる匂いって、一体何なのか!?
答えは、ペット食育協会の体験講座で!
な~んて書いてみたりして``r(^^;)

水分がとっても大切なんだってことだけは、なんとなくわかっていただけたのではないかと思う。
そうなんです、大切なんです!
体臭だけではなく、いろんなところで関係してくる。

今回飼い主さんから言われた一言は、私にとってはとても嬉しいことだった。
実は、今もそのラブラドールは我が家にいるのだけど、臭くない。
また飼い主さん、喜んでくれるといいな♪

 
13
 

さてさて、再開第1号の日記は【犬ごはん】についてです。

我が家では、凸凹コンビの愛犬達に手作りごはんをあげています。
いえいえ、私も以前はドッグフードonlyでしたよ!
でも、なぜドッグフードから手作りごはんに切り替えたのか…!?

ペットショップ出身の大型犬は、「このフードをあげて下さいね!」と言われて我が家に仲間入り!
素直にそのフードをあげ続けていたのだけど、半年くらい経った頃から私なりに考えたわです。
「もっといいフードってあるんじゃないかなぁ!?」
って。
そこからは、いわゆるフードジプシーってやつを繰り返し、何種類ものフードを試し続けてみたのであります。
お散歩仲間やネット情報…色んなところから情報をもらって。
でも、どのフードもコレ!という決め手がないんですねぇ。
人にいいと言われたものでも、我が家の犬には効果が見えないというかなんというか。

そうこうしているうちに、梅雨時期~秋口にかけて痒みの伴う湿疹が出るようになってきて…。
病院でアレコレ薬を処方してもらうも、湿疹や痒みがなくなるのは薬を飲んで切る間だけ。
翌年には春先~冬の初めかで、その翌年には春先~真冬までと、どんどん皮膚の状態が悪い期間が長くなっていったのです。

そんな時、須崎動物病院の須崎先生が「手作り食でプチ病気を治そう」というセミナーを開かれるという情報をGET!
これは行ってみるしかない!!
乗りなれない電車に乗って、都内の会場へ!
目からウロコとはこのことなんですね。
セミナー中、ほぉ~!へぇ~!と思いながら、食事というものがどれだけ大切なのか、こんなちょっとのことで改善される症状もあるんだ…と、色んなお話を聞いてきたわけです。

そんなわけで、翌日から手探りの手作りごはん開始となったのです。

手作りごはんにして、愛犬の皮膚の状態はどうなっていったかというと…
まず、毛艶と柔らかさに変化あり!
今までパサパサしていたコートがどんどん柔らかくなっていったのは、とっても嬉しかったですよ~!
それも、科学的な物をつけたり食べたりしたわけでもないので、きっと本来の状態に戻っていったということなんでしょうね。

そして皮膚の状態はというと、湿疹も痒みも激減!
もちろん全く改善されたわけではなく、今でもポチッと出来て痒くて掻いたりしてますが、お薬を使わなければならないような状態ではないです。
痒いときは、レメディのレスキュークリームを塗ったり、須崎動物病院の薬草エキスで作られた痒み対策外用液を塗ったりして対処出来てしまう程度。
問題なしです!
まぁ、これについてはまた機会があったら詳しく書くとしましょう。

何はともあれ、手作りごはんは順調にスタートしたわけです。
私が作るのはいつも“ぐちゃぐちゃごはん”…(((((笑
人間は目と鼻と口でごはんを食べるけど、犬は目で食べることはないですからね~!
それに味付けは必要ない。
見た目と味を気にしないで作るごはんって、どれだけ簡単かわかりますか?
そりゃもう、簡単なんてもんじゃないんです((((笑

我が家には2本足で学校に通っている子供達もいますが、この2本足は曲者で、私が一生懸命作るごはんに「文句」ってやつを言うんですよ。
でも、4本足の子供達は絶対に文句は言わない。
かわいいですよね~4本足の子供達って。
作り甲斐があるってもんです。

 

とりあえず、今回は私が犬ごはん作りに至るまでのお話で終わりにしておきます。
ダラダラと長くなってしまったし((((爆
↑文章短くまとめるのが下手なもので``r(^^;)ポリポリ


次回は「食」についてお勉強に行ったお話を書くことにします。
では♪
(次回っていつ?っていう突っ込みは勘弁してくださいまし!)

カレンダー

01 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 

ランキングに参加しています!
この下にあるバナーを
WANクリックしていただけると
嬉しいです♪

  

■■■■■■■■■■■■
当ブログに掲載されている
画像についての著作権は
管理人にあります。
無断での持ち出しは
ご遠慮下さい
■■■■■■■■■■■■

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

メールフォーム

管理人に
ご用のある方は、こちらのメールフォームよりお問い合わせ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

  

このブログで紹介している犬ごはんは、我が家の犬達に合わせて作っているごはんです。
全てのわんこ達に合っているとは限りません。

プロフィール

licca

Author:licca
自宅でのペット達のお預かりや、お留守のお宅に伺ってのお散歩代行、お世話等々、日々奮闘!
愛犬は大小2匹の犬達。
時間も手間もかけずに作れる「美味しい健康犬ごはん」について学び、以前は指導士としても活動。

* 愛玩動物飼養管理士1級
* 動物取扱責任者

   

■■■■■■■■■■■■
当ブログはリンクフリーですが、
メールフォーム又はコメント欄より、 管理人にご報告いただけると嬉しいです♪
■■■■■■■■■■■■

リンク

Blog list new!!

お助けサプリ♪

私のおすすめサプリメントのご紹介です。 気になる商品をクリックしてみて下さいね♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。