@犬まみれ犬ごはん

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
05
 

外ではジィーーーーン...ジィーーーーン...
とか、
ミィーーーン...ミィーーーン...
とか、夏らしい蝉の鳴き声が聞こえてきて、素直に夏を感じたいところだけれど、今年は湿気ばかり高くって、なんだか過ごしにくい夏…。


そんな気候でもやっぱりワンコたちはお散歩が大好き♪
先日散歩代行に行ってきた大型犬のAちゃんもそんなお散歩大好きっこ!


1週間弱、朝夕のお散歩に行ってきたのだけど、散歩中はいつになくソワソワ地面ばかりを目で追っている。
クンクンしながら歩く子はいっぱいいるけれど、クンクンしているというよりは、何かを探している様子。


するとそこに1匹の蝉がジィーーーンと鳴きながら飛んで来た。
と思ったその瞬間!


パクッ!!


あまりにもの速さに、止めることは出来ず・・・。

そして、あっという間に胃の中へ・・・。


何かを探している様子は、蝉を探していたんだね``r(^^;)


犬が蝉を食べてしまう…
という話しは、何度か耳にしたことがあるし、沖縄では人間も食べるとか食べないとか!?
タイや東南アジア方面では、昆虫を食べる習慣があったりするみたいだし、犬が食べても問題はない??
ようわからないけど・・・。
どちらにせよ、昆虫が苦手な私としては、踊り食いはちょっと・・・``r(^^;)

その後も真剣に蝉を探しながら歩いているAちゃん。
普段も食べているのかどうかはわからないけど、散歩代行中に拾い食いはNG!!
それからというもの、Aちゃんより先に蝉を見つけて、拾い食いを回避しなくては!…と、30分間目を皿のようにして歩いていた私なのでした。

 

 

ブログランキングに参加しています♪
いつもとっても励みになっています(^^)  
今日もポチッと一押しお願いしますっ♪
      ↓
 にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ
 にほんブログ村  
スポンサーサイト
 
13
 

柴犬

今日はやっと私に心を許してくれた柴犬ちゃんのお話。

 

1年くらい前から、月に何度か散歩代行に行かせていただいている柴犬ちゃん♪
お母さんと娘、親子の柴犬なのだけど、初めて伺ったときには、2匹に唸られてどうなることかと思ったものだ。
何度か回を重ねるうちに、お母さん犬には「私=散歩」という図が出来てくれたようで、唸ることもなくなり、ワンワン吠えながら「お散歩♪お散歩~♪♪」と喜んで走り回ってくれるようになった。

 

でも、娘の柴犬ちゃんは、何度回を重ねても私に対して警戒心バリバリ!(←死語??…笑)

「散歩には行きたい。
でも、こいつ(私)と行くのはヤダ!
でも、散歩…やっぱり行きたいし。。。 」

みたいな感じがすごく伝わってくる。
私はあなたには害を与える人間じゃないよ!って感じなんだけど。



そんな娘ちゃんも、唸りながら、結局は私と散歩に行く(((笑
だって、散歩は好きなんだも~ん!って感じ。
でも、散歩中絶対に私に背中を見せない。
本当はガンガンリードを引っ張って歩きたいってタイプなのに、そうすると私に背中を見せることになるからか、必ず私の横に離れて歩いている。
しかも私をチラチラ見ながら。
これもアイコンタクト??(((笑
まぁ、アイコンタクトと言えばアイコンタクトだけど、明らかに「コイツ、何にもしないだろうねぇ…」という顔でチラチラ見る。
だから、何にもしないってばっ!

 

普段は必ず散歩中に排便を済ませるとのことなのだけど、お母さん犬はしてくれるのに、娘ちゃんは排泄はしてくれても、排便はしてくれない。
「こんな奴と一緒にいたんじゃ、ゆっくりウンチなんてしてられないわよ…。ウンチしている間に襲われたら大変!大変!!」
っとまぁこんな感じなんだろう。

 

それでも、半年後くらいには、排便もしてくれるようになった。
もちろん、私をチラチラ見ながら((((笑
私って、そんなに怖いのかなぁ!??
別に、怒ったこともないし、いつも優しいじゃん!(((笑

 

娘ちゃんは、とっても臆病。
ちょっとした物音にも飛び上がるように驚いてしまう。
だから、私からなるべく離れて歩こうとしている娘ちゃんのリードを急に引っ張ろうものなら、目を真ん丸にして驚いちゃう。

 

少しずつ少しずつ距離は縮まっていっているという実感はあったけど、特に何をするわけでもなく、そのうちわかってくれるはず!とのんきにお世話をさせていただいていた。

 

そして、先日。。。
いつものように、お母さん犬の散歩を終え、娘ちゃんの散歩に出かけると、いつもと何かが違った。
娘ちゃんと散歩をしているという感じではなく、でも何が違うのかよくわからないまま歩いていると、私の足に娘ちゃんがぶつかった。

あっ!こんなに近くを歩いてくれてる~!!
しかも、私が後ろにまわっても、急いで私に正面向くこともなく、背中を見せてくれてる~!!
1週間前にも散歩に行ったのだけど、その時ってどうだったっけ!?
とにかく、今日は私に心を許してくれているのがよくわかる。

やっと・・・
1年近く経ってやっと、私が自分に害を与える人間ではないということがわかってくれたのかもしれない。

なんだか嬉しくて、思わず携帯で後姿の写真を撮ってしまったよ。

 

また、行こうね♪お散歩。
もちろん、私とだよ!


ブログランキングに参加しています♪
いつもWANクリックありがとうございます(^^)
散歩もいいけど、犬ごはんはどうなっちゃったのよ…と思っている方はポチッとな♪
毎日、ちゃ~んと作ってますよ~!
名もないおじやだけど((((笑

にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ
にほんブログ村

 
20
 

いきなり、訳のわからぬ題名で申し訳ないっ!

実は題名にあるこの言葉、先日私が我が家のワンズとの散歩中に、いきなり知らないおばあちゃんに言われた言葉なんですよ。

その日は、とっても暖かくて、お隣の駅まで行く線路沿いの道をポケポケ楽しく歩いていたわけです。
信号待ちをしていたら、おばあちゃんが我が家の大型犬の顔の前に自分の顔を近付けて言った言葉がコレ。

「道路はあんたのトイレじゃないんだよ!」

一瞬、目が点になってしまった私。
だって、2匹ともお散歩中にただの1回もおしっこもウンPもしていなかったから。

どうやら、いつも決まった塀におしっこをかけていく犬がいるようで、たまたま通りかかった我が家の犬に文句を言ってみた…とまぁ、そんな感じだったみたい。
おばあちゃんとちょっとお話をして、誤解もとけ、最終的には大型犬の頭を撫でながら、

「悪かったねぇ…あんたじゃなかったんだね」

って、謝ってくれた。

はじめはカチンときてしまった私だけど、私ではなく犬に話しかけていた様子や、撫でながら謝ってくれていた様子を見て、そのおばあちゃんはきっと犬自体は好きなんだと思った。
かわいい犬達がトイレの場所を勘違いしているのを教えてあげたかったのかも。



犬の排泄については、以前も書いたことがあるけれど、本当に大きな問題だと思うんだよね。
私も何年か前までは、外での排泄は場所さえ考えればいいもんだと思っていたし。
でも、私が「犬」について色んなことを教えていただいたマナーレッスンのS先生の話を聞いてからは、私は間違っていたんだということがわかった。

おばあちゃんの言葉は決して間違ってはいないと思う。

「道路は犬のトイレではない」


放置うんPもいまだになくならないし、人の家の門に平気でおしっこをかけている姿や、アスファルトの上でおしっこをさせっぱなしで行ってしまう人等々・・・本当によくあること。

問題なのが、うんPは持って帰れるけど、おしっこは持って帰れないということ。
お水をかけたところで、それがアスファルトの上だと、ただ広げているだけ…ということになる。

その上を歩きたい人なんていないと思うんだよねぇ。。。

じゃぁ、土の上ならいいのか!?
というと、そういう問題でもないと思う。

以前、我が家の近くにある植え込みに、うんPを埋めているおばちゃんがいて、勇気を出して注意をしたら、

「こうやって木の根元に埋めとくと肥料になるんだよ!」

って。
市の土地ではあったけれど、自分の土地以外の場所に例え肥料だとしても勝手に穴を掘って埋めるってどんなもん?
知らない人が、自分の土地に「肥料になるから」と言って、勝手にうんちを埋めていて嬉しいと思う人は少ないんじゃないかと…。 

 

こんなふうに厳しい発言をしている私も、絶対に外ではさせないかというと、全くさせないでいられているわけではない。
ごめんなさい。。。
お散歩に出る前には、必ず排泄を済ませてから出かけてはいるものの、長い散歩のときは、まだ何度かトイレタイムを設けている。
外でたくさん運動をしたあとに、おしっこもしたいだろうし、なんてといっても外での排泄は気持ちよかったりするだろうしね。
なので、私個人としては「絶対」にダメ!と言うつもりはないし、もっとライトに考えたいとも思ってしまう
でも、やっぱりいいことではないのは確か
環境問題や、犬を飼っていない人の気持ち等々考えると、飼い主さんたちがもっと意識を高くもたないと、出入り禁止の公園も今以上に増えてしまって、最終的には自分達にふりかかってきてしまうんではないか…と。

外での排泄を極力させないですむように、私が完全に愛犬達に教えられるまでは、こんなことを書くべきではないのかと悩みもしたけれど、このブログに足を運んでくださる方たちにだけでも、そんな意識を少しでも持って欲しいと思って。

まずは、私が頑張ろう!

 

私が普段1番困るのは、仕事で散歩に行く時。
外でしか排泄をしないワンコたちに、散歩で排泄をさせない…というのは、至難の業!
散歩=運動ではなく、散歩=トイレと考えている飼い主さんってまだまだ多かったりするし。
“散歩中には排泄をさせません”って私が言ったら、お客さん減っちゃうんだろうなぁ~``r(^^;)ポリポリ

たまに「うちの子、家の中でしか排泄しないんです…」と困った顔でおっしゃるお客様もいらっしゃるんだけど、きっとそういう子もトイレシートを外で広げてあげることでしてくれるんだと思う。

この先、介護をしなければならなくなったときのことを考えても、家の中でしてくれれば介護する方も楽だし、本人も無理をせずに排泄することが出来る。
特に大型犬の場合は、毎回抱きかかえて外まで連れ出してあげるのは大変!!
我慢しきれずにもらしてしまって、プライドを傷つけてしまう前に、今から家の中で排泄が出来るように練習してあげるといいと思う。
これは、常日頃私自信が思っていること…かな。




あぁ~
自分で書いておきながらなんなんだけど…

難しい問題だわ~




ブログランキングに参加しています♪
いつもWANクリックありがとうございます(^^)

外での排泄について、少しでも考えて下さった方は ↓ ポチッとお願いします!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ
にほんブログ村

 

 
12
 

お散歩代行に行った先でのお話。
ご依頼は、奥様。
朝から出かけてしまうとのことで、午前中のうちにお散歩に行って来て欲しいとのこと。

セキュリティのしっかりしたお宅で、門にも鍵がかかっているため、予め門の鍵は預からせていただいていた。

お世話当日の午前中、庭で自由に過ごしているワンちゃんのお散歩に出発した。

高齢のワンちゃんだったので、お散歩ものんびり♪
ポケポケと30分の散歩を楽しみ、お家までもうすぐといったところで、急にワンちゃんの足が早足になった。
ん?
と思って歩いていると、遠くの方から「○○ーーっ!!」と私がお散歩しているワンちゃんの名前を呼ぶ声が・・・。

思わず小走りになりながら、私は○○ではないけれど、○○ちゃんは返事をすることができないし、私が代返!

「はーーーいっ!!」

大声で返事をする私。

「○○ーーーーっ!!!○○ーーーーーっ!!!」

「はーーーーーーいっ!!!」

ワンちゃんのお家の前まで来ると、鍵がしまっているはずの門が開いており、中からご主人の大声がっ!

「○○ーーーーーーーーーっ!!!!」

「はーーーーーーーーーーいっ!!!!」

 

門を入っていくと、庭中を走り回りながら大声でワンちゃんの名前を呼んでいるご主人の姿が....。

私とワンちゃんの姿を見ると、平常な顔にスッと戻し、

「いなくなったと思ったもので。」

とすました顔で言っていたけど、さっきの顔はしっかり見てしまったよ((((笑

「すみません!お散歩のご依頼があったので、お散歩に行って来たところです」

「そうですか。ありがとうございます。それでは私は仕事に行って来ますので。失礼!」

と、ご主人は出勤していかれた。

 

きっとお散歩のことを知らなくて、仕事に行こうと玄関を出たら、いるはずの愛犬の姿がなくってすご~く焦ってしまったんだと思う。
あんなに大きな声で、必死に探していたご主人の姿は、愛犬のことを思う気持ちがとても伝わってきた姿だった。

 

でも、奥様!
ご主人様には、シッターを頼んであることをちゃんとお伝え下さいませ!
心臓に悪いですもんね♪

 

 
20
 

お世話させていただいているワンちゃんには、色んなタイプの子がいるのだけど、お散歩の時にここぞとばかりに元気良く先頭きって歩くタイプの子って結構いたりするもんだ。
そういう子は殆どの場合、首輪ではなく胴輪をつけている場合が多い。
いわゆるハーネスってやつ。

何でハーネスを使ってるんだろう!?
ハーネスって、本来は犬がソリや荷物を引く時に使うために考えられた物。
要するに、引っ張りやすいように出来ているんだよね。

だから犬達は「まかせて~!」とばかりに、飼い主をガンガン荷物のように引っ張って歩くわけだ。

きっと首輪だと、引っ張ったときに首に負担がかかって可哀想…という親心からなんだと思うけど、だったら引っ張られないように歩くってのはどうかしら!?
 
・・・と、偉そうに書いた私も、愛犬にいきなり引っ張られることは・・・ある(。_゚)〃ドテッ!
でも、それじゃダメなのよね。
飼い主さんの前を歩くということは、愛犬にこれから歩く道を確認させてるのと同じ。
万が一危険があった時に、愛犬が「ここ危ないよ!」って教えてくれたり、体を張って飼い主さんを守ってくれることになってしまう。
私は愛犬を“自分が”守ってあげたい。
いやいや、私だけではなく、きっと殆どの飼い主さんがかわいいかわいい我が子(愛犬)を自分が危険から守ってあげたいと思っているはず。
だったら、ガンガン前を歩かせてしまっては危ない危ない(°°;))。。オロオロ

ということで、なるべくハーネスではなく、ハーフチョークやなどの合図の出しやすい首輪を使って、愛犬を守りながらお散歩をするように心がけていただきたいな~というお話でした(^^)

注:超小型犬だったりパピーちゃんだったりする場合は、逆にチョークチェーンなんかはやめた方がいいかもです。また、引っ張ることなくお利口さんに歩くワンちゃんがハーネスを使用するぶんには、きっと問題ないと思います。その子に合った物を飼い主さんが選んであげて下さいね♪


 
16
 

お散歩代行の仕事・・・
今回は大型犬のおじいちゃん♪
おじいちゃんなんて言うと怒られそうなくらい元気o(^ー^)o

知らない場所でのお散歩は、きちんと道を覚えていないと・・・
帰れなくなる.....``r(^^;)ポリポリ
以前も、30分の依頼のお散歩で、道に迷って1時間以上経ってから、やっと戻れた…という経験がある私は、散歩コースが決まっていない場合は、なるべく道は曲がらないことにしている。


今回は・・・
「散歩コースはこの子が決めてくれるので。」
と飼い主さん。。。
そそそうですか??
不安・・・


早速歩き始めるおじいちゃん犬。
右に曲がり・・・左に曲がり・・・また左に曲がって・・・
って、ちょと待ってよぉ~!
歩き始めて5分も経たないうちに、既に迷子状態の私。。。
とりあえず、一旦わかる道まで出ようじゃないの。
こっち!こっち!!と、今来たであろう道を引き返そうとしても、自分でコースを決めるらしいおじいちゃん犬は、てこでも動かない。
小型犬なら、抱いてしまうこともできるけど、大型犬はそういうわけにもいかない。
普通に歩いているときは、ガンガン引っ張ったりするわけではないんだけど、自分の行きたい方向に行かないとわかると、すごい力で踏ん張ってしまう。
仕方なく、おじいちゃん犬に身を委ねる私。。。( ;^^)ヘ..
きっとまた迷子になって帰れなくなるんだわ....トホホ.....


歩き始めて30分。。。
ほぉ~!
さすが自分で決めるだけあって、ちゃんと30分後には家に帰って来たじゃないっ!
感心!感心!!


それにしても・・・
人も犬も年をとるごとに頑固になっていくものなのねぇ.......(´ヘ`;)

 
30
 

何度か我が家でお預かりをしている中型犬。
今回は、初めてお伺いをしてのお世話(散歩・食事)のご依頼だった。


打ち合わせに行くと、玄関まで走って出迎えてくれたものの、慌てて奥にあるリビングに走って行ってしまった。
お世話の内容や、リードの場所、食事をする場所等々、飼い主さんにお話を伺っていたのだけど、その間もずっと自分のハウスに入ったまま。。。
きっと、また連れて行かれちゃうと思っていたんだと思う。


でも、でもね、いつもお迎えに来たときは、車にもあまり乗りたがらないし、緊張した面持ちでいるんだけど、我が家に着くと案外平気な顔をして過ごしているのよ。
甘えん坊さんだから、私にくっついてまわっていて、お昼寝をするのも私の足元にいるし。
たまに気の合わない犬がいると、ガルルゥ~ってなってしまうときもあるけど、それ以外は特に問題もないし。


でも、そんなにハウスの中から上目遣いで見られていると、私のことそんなに嫌い?って思わず聞きたくなってしまうじゃない。
だって警戒心バリバリ(死語?笑)なんだもん。
私はそうじゃない姿を見ているからいいのだけど、飼い主さんとしては、きっと心配なはず。
案の定、「どうしたのかなぁ!?」とか、「お世話に来てもらっても、こうやってハウスに逃げちゃうんじゃない?」とか、とっても心配そう。。。
「大丈夫だと思いますよ!」
と言って、その日は帰ったのだけど、飼い主さんどう思ったかなぁ…なんて考えると、ちょっとね。。。


で、お世話当日。
お預かりしていた鍵で玄関を開けると、尻尾ブンブン走り寄って来てくれました^^v
あぁ~良かった^^
1人でのお留守番は寂しかったんだろうな。
お散歩もとっても楽しそうに行ってくれたし、私に対しての警戒心なんて、これっぽっちも見せなかったし。


この姿をなんとか飼い主さんに見せてあげなくっちゃ!
一所懸命携帯カメラで写真を撮って、写メールで送っておきました``r(^^;)


人間の子もそうだけど、親がいる場所と親がいない場所では、違う顔を持ってたりするもんなんだよね!
安心してね!飼い主さん♪

 
09
 

私の仕事の中で、散歩というものは切っても切り離せないものである。
中には、「お散歩なしでお願いします」とか、「雨の日は、お散歩はなしです」とおっしゃる方もいるけれど、排泄をどこでするかとは別に、やっぱり犬達にとってはとても楽しみなもの。
でも、これが、なかなか大変な作業なのだ。
特に未虚勢の♂に関して言えば、マーキング行為を行う犬が多く、ひどい場合は1mおきにせっせと足をあげる。
我が家の前の道は、散歩道のようになっていて、多くの人がウォーキングやランニングをしていて、犬の散歩で通る人も多い。
私は、庭で出来る子は庭で、庭ではしてくれない子は草っぱらのような場所に直行し、排尿を済ませてから、別の道に進むようにしている。

がっ!
マーキング癖のある子は、別の道に進めばまたそこで足をあげてしまう。
いくらお預かりしている犬であっても、原っぱや空き地ならまだしも、民家の塀や玄関先でのマーキングだけはしてほしくない。
でも、そういう場所でもマーキングをしている犬が多いようで、どうしてもしてほしくない場所でしたがるわけで。。。
そんなときは、名前を呼んだり、小走りになって気をそらせてみたりするのだけど、頑固ちゃんの犬は、意地でもそこで足をあげたくて、歩かなくなっちゃう。
そうなると、ツンツンとリードを引いてみたり、こっちこっち!って引っ張ってみたり。
でも、そんなことをすると、余計踏ん張ってしまう犬も多く、傍から見たら犬に意地悪をしているように見えてしまうのでは!?…と気になることもしばしば。。。

♀犬はというと、端の方で遠慮がちにする子もいれば、道の真ん中で堂々としてくれる子もいる。
小型犬の場合、道の真ん中でしても、量も少ないし、水をかければいいかな…と思うときもあるけれど、大型犬の場合は流れていくほどの量である。
持ち歩いている500mlのペットボトルの水をかけたところで・・・だ。


先日、お迎えに来てくださった飼い主さんと、玄関の外で立ち話をしていたときのこと。
お預かりしていた♂犬が、いきなり我が家のバイクに足をあげて排尿。
何も言わない飼い主さん。。。
それってどうよ!?
愛犬をとってもかわいがっていらっしゃる飼い主さんではあるけれど、これはいただけない行為だな。


まぁ、色々あるけれど、あるマナーレッスンの先生は、「排泄の場所を決めて、それ以外は臭いをかがせる必要はない」と言う。
ムツゴロウさんは、「マーキングというのは犬にとってとても大切な行為」と言っていたらしい。
でも、我々がお預かりしているのは家庭犬。
ムツゴロウさん的考えが当てはまるかどうか!?
個々の常識の違いと言ってしまえばそれまでだけど、外での排泄に関しては、マナーとしてきちんと考えた方がいいと思う私なのでした。

カレンダー

01 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 

ランキングに参加しています!
この下にあるバナーを
WANクリックしていただけると
嬉しいです♪

  

■■■■■■■■■■■■
当ブログに掲載されている
画像についての著作権は
管理人にあります。
無断での持ち出しは
ご遠慮下さい
■■■■■■■■■■■■

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

メールフォーム

管理人に
ご用のある方は、こちらのメールフォームよりお問い合わせ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

  

このブログで紹介している犬ごはんは、我が家の犬達に合わせて作っているごはんです。
全てのわんこ達に合っているとは限りません。

プロフィール

licca

Author:licca
自宅でのペット達のお預かりや、お留守のお宅に伺ってのお散歩代行、お世話等々、日々奮闘!
愛犬は大小2匹の犬達。
時間も手間もかけずに作れる「美味しい健康犬ごはん」について学び、以前は指導士としても活動。

* 愛玩動物飼養管理士1級
* 動物取扱責任者

   

■■■■■■■■■■■■
当ブログはリンクフリーですが、
メールフォーム又はコメント欄より、 管理人にご報告いただけると嬉しいです♪
■■■■■■■■■■■■

リンク

Blog list new!!

お助けサプリ♪

私のおすすめサプリメントのご紹介です。 気になる商品をクリックしてみて下さいね♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。